おせち2018

お正月料理の食べ方と後始末

栗の甘露煮入り茶碗蒸し

私が作る茶碗蒸しは、鶏で出汁をとったものです。鶏ガラを水から煮て出汁をとったら、お酒と醤油でほんのりと味をつけます。濃縮のめんつゆや、調味醤油などを使うと簡単に味が決まります。出汁が冷めたら、溶き卵と混ぜておきます。

 

茶碗蒸しの具材は、湯通しした鶏肉と、ほうれん草、ナルトです。そしてもっとも変わっているのは、栗の甘露煮を入れることです。具材として栗を入れるのはもちろんですが、甘露煮の汁も入れてしまいます。あとは、蒸し器に入れて蒸すだけです。

 

 

見た目は普通の茶碗蒸しですが・・・


ほのかに甘い、和風プリンのような味になります。私の中で、この甘い茶碗蒸しは幼い頃から食べてきたもので、別段変わっているとは思わなかったのですが、スーパーで売っていた茶碗蒸しを食べてショックを受けました。

 

売っていたのは鰹出汁の味がしっかりした、甘くない茶碗蒸しでした。普通の茶碗蒸しも美味しいのですが、やっぱり私は甘くて優しい味がする栗の甘露煮入り茶碗蒸しが大好きです。

わが家のスペシャルサラダ

家族みんなが集まるお正月や、ちょっとした行事ごと(こどもの日やクリスマスなど)に欠かせないのが、わが家のスペシャルサラダです。レシピは簡単、キャベツ(もしくはレタス)の千切り、きゅうり、ゆでたもやしにほうれん草、トマトなど好みの野菜を用意します。

 

そこに、ゆでた鶏肉(そぎ切り)と、錦糸卵を添えてサラダの支度は完了。お正月は贅沢ですが、タラバガニ通販で購入して鶏肉の代わりに使用しています。もともとは、それを混ぜたものを大きなガラスボウルに入れ、各々が食べたい量だけとって

 

 

好みのドレッシングをかけていたのですが・・・


ある時から冷やし中華の具のように並べて盛り付けるようになりました。その方がより各自の好みの食材のバランスで食せますし、何よりテーブルに出した時に見栄えが良いので、簡単な上においしくお客様にも好評です。

 

ポイントは錦糸卵。あまり細く切らない方が具材との馴染みも良いです。揚げ物や濃い味付けの料理が多い中、生野菜中心のサラダは箸休めに人気ですよ。数種類のドレッシングと共におすすめしてみてくださいね。

余ったお餅で餅ピザ

余ってしまったお餅で簡単に作れます。お正月になり来る日も来る日もお餅ばかりでお雑煮は食べ飽きたし、磯辺焼きもきなこ餅もぜんざいももういらない、味の濃い油っこいものが食べたいと言ったら作ってくれた想い出の味です。まずはお餅を一口大に切ります。

 

カビがあれば少し大きめに取り除いておきます。次に具材ですが、家にある余り物・好きな物でOKです。ここでは和風餅ピザにしてみます。ピーマン・玉ねぎ・エリンギをの3〜5mm程の厚みの細切りにします。

 

 

エリンギは縦に切る方が歯ごたえがあって良いと思います。


細切りにした具材をボウルに入れ、軽く塩・胡椒し醤油を少々加えてよく和えます。次にフライパンを熱し油を引きます。バターでも良いですが、その場合は焦げないよう注意が必要です。

 

一口大に切った餅を敷き詰め、その上に具材を薄く並べ、お好みで一口大に切ったハムやベーコンも並べます。さらにシュレッドチーズを加えます。チーズはスライスチーズでも大丈夫です。蓋をして弱火でだいたい15〜20分程で出来上がりです。

シマナーを使用する沖縄料理

実家である沖縄では、『からし菜』のことを方言で『シマナー』と呼びます。小さいころから、『シマナー』と聞いていたので、正式名称が「からし菜」というのは上京するまではわかりませんでした。

 

この『シマナー』は実家近くの畑のわきに必ずというほど生えていましたが、植えたのではなく、以前に植えていたのが育って、毎年勝手に生えてくるとのことで、小さいころはよく雑草と間違えていました。

 

葉野菜のため、虫に食べられることも多く、農家からおすそ分けでいただいたものには、必ずと言っていいほど、虫に食べられた跡がありました。その『シマナー』は、そのままで食べることはせず、我が家では、

 

 

塩もみをし、『シーチキン(ツナ缶)』と多めの油で調味料何もいれずに炒めていました。


そのままだと『シマナー』と呼びますが、塩もみしたら、『チキナー』と呼び名が変わります。小さいころは苦くて、あまり好きではありませんでしたが、大人になった今では、母親の味の一つとして記憶に残っています。

 

>>人気通販のおせち料理はコチラ<<