おせち2018

おせち料理に欠かせないことって?

我が家のおせちには欠かせない黒豆

我が家のおせちには黒豆が欠かせません。健康にも良く、家族みんなが好きだからです。専業主婦をしていた頃はコトコト煮ては保温するを繰り返し、2日間ぐらいかけて炊いていました。今は仕事をしているので短時間で済むように圧力なべを使って炊いています。

 

我が家は7人の大家族なので、一度にたくさん作ります。今年は700gの黒豆を準備しました。作り方は、お豆の分量の約2,5倍の1800mlのお湯を沸かし、お砂糖を250〜300g、お醤油大さじ約2杯、お塩小さじ1杯強を入れます。

 

 

その中に丁寧に洗った黒豆を入れ、一晩置きます。


翌日、圧力鍋に移し替え、強火で煮ます。おもりが振れたら弱火にし、約20分煮ます。火を止めたら、そのまま冷めるまで放置します。とても簡単ですが、ふっくら柔らかな黒豆の出来上がりです。

 

市販の黒豆は甘すぎるので、我が家ではお砂糖は控えめにしています。

 

 

色づきを良くするために鉄釘を使う方もいるかもしれませんが・・・


面倒なので入れません。煮汁につけておけば、色もしっかりつきます。

煮しめはじっくり・お雑煮ときんぴら

お正月用のレシピで煮しめがありますが、おせち料理として自分で作れる一品、ゴボウは香りもいいし必須の素材です。鶏肉は料理酒とお醤油で下味するのがベスト、ニンジンや筍などもじっくり油炒めしてからお出しとお水、

 

 

煮物ですから煮る時間も味付けまで念入りに・・・


煮しめを作って食卓に載せるのは元旦とか3が日の夕食、お正月でも朝から食べることはなく煮てから温かい内に食します。

 

これ以外だとゴボウ料理は日常メニューのきんぴら、お正月なのでそのまま普段レシピは味気ないので、色味にきぬさやとかコンニャクも使います。この時期はいつもよりボリューム感あるのとご馳走の雰囲気があればお正月らしい、

 

 

ニンジンとゴボウだけではいつものお惣菜ですから・・・


ゴボウはスーパーで買うときにも一本分くらいが標準なので煮しめときんぴら、元旦からのお雑煮、これくらいがお正月レシピですね。それでもまだあれば、鶏肉と餡かけの煮物とか、ゴボウサラダくらいが作れる範囲です。

ビールや日本酒によく合う京人参のきんぴら

私の京野菜を使ったお勧めつまみ料理は京人参のきんぴらです。作り方はとてもシンプルで、ごま油と千切りした京人参をフライパンで炒め、火が通ったら粉末の出汁の素と醤油を絡め、器に盛り付けた後、仕上げに鰹節をのせたら完成です。

 

京人参は普通の人参よりも甘味が強いため砂糖は加えません。醤油を塩コショウに替えるとビールにピッタリの味付けになります。このレシピを考えたきっかけは、月に数回行く岐阜県の仕事場の近くにある直売所で京人参を見かけた時です。

 

 

その店はスーパー等には卸せない規格外品を扱っており・・・


京人参が普通の人参と同じ値段で販売されていました。「京野菜=高価」というイメージからくるギャップと、いい歳して京野菜は京都でしか栽培されないと思っていた私は好奇心から購入を決意しました。

 

 

最初はどう調理してよいか全く分かりませんでしたが・・・


人参にはかわりないと思い普段通りに調理してみると、強い甘味と臭みの無さと食べやすさに驚きました。今ではその店に寄る度に京人参を購入しています。また、たまにカニ通販おすすめのタラバガニも購入します。

ベルーナのおせち料理 ベルーナののおせち料理はボリューム満点で美味しいと評判です。冷凍や冷蔵のオリジナルおせちも低価格でどれも大好評で超おすすめです。
美味しい冷蔵おせち

2017年・オリジナル冷蔵和三段重おせち40品 「舞」
2017年・オリジナル常温鯛付三段重おせち20品 「祝」
2017年・老舗・カモ井 常温鯛付四段重おせち33品 「飛翔」

我が家の定番えのき料理

我が家ではきのこ類は必ず冷蔵庫に入っています。きのこはヘルシーで腸の中をキレイにしてくれるのでしょちゅう食卓に出てくる優秀食材です。中でもえのきを使う料理がとても多いです。定番のえのき料理は豚肉のえのきポン酢です。材料は

 

 

  • 豚バラ肉薄切り10枚ほど
  • えのき
  • にんじん
  • ねぎ
  • ポン酢

これだけです。にんじんとねぎは薄い千切りに切っておきます。豚肉を一枚ずつ広げえのき、千切りのにんじん、ねぎを少しずつのせて巻いていきます。全部巻き終わったら軽く小麦粉をつけて油小さじ1を引いたフライパンに並べて焼いていきます。

 

豚肉から油が出てきたらペーパーでさっとふき取ります。豚肉にキレイな焼き色が付いたらポン酢、水を各大さじ3入れて煮からめます。水分が段々なくなってきたらブラックペッパーとごまを少々振りかけて完成です。

 

 

えのきや野菜を肉で巻くことでボリュームも出るのですごく食べごたえがある料理


になります。この料理は冷めてもすごく美味しいのでお弁当に入れるのもおススメです。

 

>>人気通販のおせち料理はコチラ<<